イメージ画像

ムーヴの値引きは簡単です。

ぜひ実践してみてください。

車両保険について詳しく知る

車両保険は人を保証するためのものではなくクルマ本体を保証してもらえるもの。

そして特約ですから、自動車保険に付加するかは自由。そして民家の塀に車をぶつけへこました時、塀の修理は対物賠償保険で補償されるのですが、車の壊れたところは車両保険に加入してると修理してくれるのです。


また事故はほとんどの事例で過失割合が存在しており、交通事故過失割合は、相手側、自分の責任の割合を言います。

そして、過失割合があるとあなたに自己が起きた原因の責任があって、修理費は全額払ってもらえないです。

もし修理代100万なら40万は持ち出し。車両保険に入っていると40万は保険から支払われるので助かりますが、保険料を考えると、必要かどうか迷ってしまいます。

 

車両保険のメリットは、クルマを自分で壁にぶつけたり、自転車にぶつけられたり、いたずら書きされたりなどの常用で車両修理するとき車両保険が役立てます。

そして自動車保険に入ってない人は周りにお金がなかったり、あってももったいなく必要ないなどの考えがあったりして、運転に自信があって事故は起こさないと思ってる方が多いです。なので過失あってもじぶんは車両修理代は一切払う必要がないとごねたりする方も。こうしたときに車両保険に入っていると過失割合関係なく修理をして後は保険会社に任せられます。


車両保険のデメリット


そして、車が全破損で修理が必要なら車両保険に入っているとその車契約してる車両保険価額が支払われたりするので、引き続きローン支払いしながら車に乗れるのですが、車両保険に入ってなければ、車に乗れずローンが残ったりすることに。

 

また、車両保険のデメリットですが、保険証支払いが多くなります。

保険に加入してる人ならではのデメリットは車両保険を利用するとノンフリート等級がダウンして、翌年の保険料アップするのです。

3等級ダウン事故は他人の車と衝突事故、自分で電柱に車をぶつけて車両保険を使ったとき。

1等級ダウン事故は車両盗難やいたずらで窓ガラス破損などで車両保険を使ったとき。

次年度契約から1年は事故有等級で割増引率を適用期間が続くので、修理代でそれほどかからないのは、車両保険を利用せず自腹で払った方が得だったりします。

 

車両保険が必要と思いますが、毎日乗るわけではない、ちょっとぐらいの修理代は自腹といったことで契約しないのが理由であります。

医療保険に入らなくても医療費など自腹で払えばいいと思ってる方は車両保険と同じよう契約しないのです。

 

★ムーヴ値引きのために最低限やることは!?

ムーヴ値引きのためにやっておきたい2つのこと

 

このページの先頭へ