イメージ画像

ムーヴの値引きは簡単です。

ぜひ実践してみてください。

進化し続ける小さな怪物ムーヴのモデルチェンジ!

今や日本を代表する軽自動車に成長した観のあるダイハツ・ムーヴ(MOVE)だが、モデルチェンジを重ね現行モデルで5代目となる。
モデルチェンジをするたびに必ず大きく進化し、弛まぬ開発陣の努力が見え隠れする看板軽ワゴン車だ。
現行ムーヴの大きなセールスポイントは3つに分けられる。

 

まず1つめは、低燃費であること。
これはダイハツ自慢の独自技術である「イーステクノロジー」を更に進化させ、「サーモ(熱)マネジメント技術」という新たな燃費向上技術を導入したことが更なる燃費の向上を達成させた。
このことによりNA車で29.0km/l、ターボ車でも25.2km/lという驚くべき数値の燃費をたたき出している。

 

2つめは、新開発のスマートアシスト いう機能。
これは「もしもの時」の衝突事故を未然に防ぐダイハツが開発した新システムである。
具体的には、レーザーレーダーセンサーが前方を監視し、衝突の回避や損害の軽減をアシストするというレーダーシステムである。
また、長い渋滞時、不注意やわき見で車間を詰めていた前の車とぶつかりそうになるのを回避する「低速域衝突回避支援ブレーキ機能」や、シフトを間違えてバックのつもりが前進したりして生ずる事故などを未然に防止する「誤発進抑制制御機能」や「先行車発進お知らせ機能」も付加されており、「もしもの時」の事故発生率の軽減とドライバーの安心に一役買っている。

 

3つめは、基本性能の進化。
これは「ファン&リラックスドライブコンセプト」の名の下、「気持ちよく走れる」「すっきり曲がれる」「安心して止まれる」の三大基本性能を徹底的に進化させた成果でsる。
「気持ちよく走れる」は具体的には、ロードノイズや風きり音を低減し静粛性を高めたり、高速安定性の向上を図ることであり、「すっきり曲がれる」とは、ハンドリングの素直かつダイレクトな機敏さ、曲がる際の車体の傾きの安定性の向上であり、「安心して止まれる」とは、ブレーキのサイズを大きくすることで、踏み心地のしっかり感や効き具合の確信を高めることであった。

 

そのムーヴも2014年10月にフルモデルチェンジが予定されている。
これによりまた一段と飛躍的な進化向上を遂げることになるであろう。

 

★ムーヴ値引きのために最低限やることは!?

ムーヴ値引きのためにやっておきたい2つのこと

 

このページの先頭へ